摂取方法

女性ホルモンとイソフラボン

女性の健康と美容には、女性ホルモンの存在は欠かすことができません。
女性ホルモンの働きひとつで、体調に左右したり美肌づくりに一役買ったりと、様々な効果が表れてくるのです。
それを最も強く実感することができるのが、更年期障害時です。

更年期障害というのは、女性の閉経前後に女性ホルモンが急激に減少することによって引き起こされる、様々な身体の不調のことを指します。
期間は閉経前後の10年ほどの間を指すのですが、個人によってその期間や症状の強さも異なります。
主な症状としては、身体のほてりやのぼせ、動機、めまい、疲れやすさ、皮膚トラブル、手足のしびれ、不眠、イライラ、不安など…身体的な症状から精神的な症状まで様々です。
人によっては、日常生活に支障をきたすほど強い症状が出ることもあります。

更年期障害の治療には、減少した女性ホルモンを補うホルモン補充療法が最もよく行われます。
ただし、ホルモン治療ということで不安を覚える方も多くいらっしゃるのも現状です。
そんなときによく勧められるのが、イソフラボンの摂取です。
イソフラボンは女性ホルモンと非常によく似た構造をしているために、摂取することで女性ホルモンの働きを補ってくれます。
そのため、女性ホルモンが減少したために引き起こされる更年期障害の緩和に効果的なのです。
実際、イソフラボンを積極的に摂取するようになってから更年期症状が緩和したという方は多くいらっしゃるようで、中でもほてりなどの症状に効果があったようです。

その他にも、女性ホルモンのバランスが崩れることで引き起こされる様々な症状に、イソフラボンは効果を発揮するとされています。
たとえば月経前症候群http://www.purebreeze.jp/seirihujyunn.htmlなどがそれにあたります。
現代の女性は仕事や人間関係によるストレスにさらされ、ホルモンバランスが乱れている方が多くいます。
そのために月経時期が乱れたり、月経前症候群に悩まされたりする方も少なくないのです。
そんなときに女性ホルモンのバランスを整えるという意味で、イソフラボンを摂取すると効果を得られることが多いようです。
身体の不調がなんとなく続いているという方、一度ホルモンを整えるという意味で、イソフラボンの摂取を検討http://www.anquantao.info/est.htmlしてみるといいかもしれませんね。

MENU
Copyright(C)美容にも健康にも欠かせない成分