摂取方法

イソフラボン摂取時の注意事項

イソフラボンは様々な美容効果、健康効果があるために、積極的に摂取しているという方も少なくないのではないかと思います。
しかし、このイソフラボンを摂取するときには注意しなくてはならないことがあります。
どのようなことなのでしょうか。

まず、イソフラボンは一日の摂取量に上限があります。
摂取目安量は70~75mgとされており、これは納豆ならば2パック分に相当します。
過剰摂取することで、女性ホルモンが過剰に刺激されてしまい、かえって身体の不調が引き起こされたりすることがあるのです。
男性の場合は、稀に胸が膨らんだり、性欲が減退したりと、男性機能が衰えてくることがあります。

日本食を中心とした食生活であれば、お味噌汁に使われている味噌や豆腐、煮物に使われる醤油などにもイソフラボンは含まれていますから、特に意識しなくても目安量を摂取することができます。
そのため、そういった場合には、サプリメントなどを摂取することで過剰摂取になってしまうことが多いので、注意しなくてはなりません。
サプリメントの場合は、おおよそ30~40mgの摂取が好ましいとされています。
自身の食生活と照らし合わせて、サプリメント量を調整すると良いですね。

また、妊婦や授乳中の方、幼児や子どもなどは、サプリメントなどでイソフラボンを積極的に摂取することは避けた方が良いとされています。
食品で適量を摂取することは問題ありませんが、サプリメントで過剰摂取することで女性ホルモンが刺激されてしまい、成長の阻害や何らかの影響が起こる可能性があります。
特にお子さんの場合は、イソフラボンに限らず、サプリメントに頼らず、普段の食事の中でバランス良く栄養を摂取することができるようにしましょう。

イソフラボンが含まれている大豆製品は、アレルギーを引き起こすことがあります。
そのため、アレルギー体質の方や、はじめてイソフラボンのサプリメントhttp://photo.qpd.jp/Supplement.htmlを摂取するという方は、最初に摂取するときは少量からはじめていき、経過をよくチェックしていくと良いでしょう。

MENU
Copyright(C)美容にも健康にも欠かせない成分